TOP > JDA-DAT/TOKYO

JDA-DAT/TOKYO

JDA-DAT/TOKYOとは

災害支援栄養チーム(JDA-DAT:Japan Dietetic Association-Disaster Assistance Team)は、災害発生地域において栄養に関する支援活動が出来る専門的トレーニングを受けた栄養支援チームとして、東日本大震災を機に日本栄養士会より発足され、年に1回JDA-DATリーダー養成・教育研修会が開催されています。

平成24年より、東京都栄養士会でもJDA-DAT/TOKYOスタッフ養成研修を実施しています。栄養士ができる支援の輪を広げていきたいと思いますので、皆さん、是非ご参加をください。
現在、JDA-DATリーダー37名 スタッフ100名(平成30年3月現在)が養成研修を修了し登録しています。(日本栄養士会では、JDA-DATリーダー1,000名の育成、JDA-DATスタッフ4,000名の養成を目指しています)